向陽の歴史

本校は海草中学校・向陽高校と90余年の伝統をもち、この間卒業生およそ34,000人を送り出してきました。
古く海草農林学校から、今日に至るまでの主だった歩みを挙げてみますと、次のとおりとなります。

向陽のあゆみ

明治37年
県立海草農林学校開校
大正4年
同校 廃校
県立海草中学開校
昭和14年
第25回全国中学校野球大会全国優勝
昭和15年
第26回全国中学校野球大会全国優勝
昭和23年
学制改革により県立向陽高等学校となる
昭和60年
海草・向陽70周年記念館(研修館)、同窓会より寄贈
平成4年
モニュメント「希望」を設置
三学期制を二学期制に改める
平成5年
環境科学科設置、65分授業開始
平成7年
70分授業開始
海草・向陽80周年記念式典
平成14年
文化科学科設置
平成16年
向陽中学校併設
平成17年
普通教室 空調設備完成
平成18年
ス-パ-サイエンスハイスク-ルに指定される
平成19年
土曜講座の実施
平成22年
第82回選抜高校野球大会出場(21世紀枠)
新体育館完成
平成27年
海草・向陽100周年記念式典